ホーム > 生活 > 自己破産とブラックリスト

自己破産とブラックリスト

融資を受けながら、自己破産をして返済義務を放棄すると、ブラックリスト扱いになってしまいます。自己破産をしたという情報が、信用情報会社に登録されることで、ブラックリストに入ります。

 

キャッシングやローンの利用歴が残されているところが、信用情報会社です。これまでのキャッシング利用歴や、今現在のローン状況がわかるものであり、自己破産情報も含まれます。

 

金融機関は、新しい顧客にの審査を行う時に、信用情報会社を利用しています。現在の融資金額や、滞りなく返済ができる人物か、自己破産をしているかどうかといったことが確認できます。

 

金融会社によって審査の判断基準は異なっていますが、信用情報会社に自己破産情報があるうちは、まず融資は断られると考えていいでしょう。

 

自己破産の情報が信用情報会社に残るのは、5~7年です。この間はローンだけでなく、新規のクレジットカードをつくることもできません。

 

どの金融会社にも断られて困っているという人の足元を見て、高金利での融資を提案してくるような、悪徳業者も存在しています。

 

このような業者は、ヤミ金融とも呼ばれています。自己破産してからさほど時間が経っていないのに、キャッシングの誘いをかけてくるような金融会社があったら、用心した方かいいかもしれません。

 

自己破産のせいで融資が受けられない人をターゲットに、耳寄りな融資話を持って来る業者に、騙されないようにしましょう。一般的に考えて、自己破産をすることで生活が大幅に楽になるということはありません。

 

自己破産して少しすると、気が緩んだりする事もあると思いますが、融資など甘いわなにかからないように注意しましょう。詳しい知識はこのような借金返済ブログを見て勉強してください。


関連記事

自己破産とブラックリスト
融資を受けながら、自己破産をして返済義務を放棄すると、ブラックリスト扱いになって...
不眠解消にはカフェインレスの飲み物とマグネシウムを含む食品で
不眠解消にはカフェインレスの飲み物とマグネシウムを含む食品でいつも望んでいる私の...
フラッシュモブプロポーズの考え方
フラッシュモブでのプロポーズ動画を見つけました。 大阪でのフラッシュモブプロポー...
テスト
テスト記事です。...